闇金で弁護士相談

闇金で弁護士相談

 

闇金についての基礎知識

闇金での借金と聞くと、自己破産であったり、また高い金利だったりなど、悪いイメージを持っている方も多いと思います。
闇金とは、そのイメージの通り、違法な金融業者であるというのが実際のところです。

 

しかし、どうしてもお金が必要であるという場合や、普通の金融機関で借りることが出来ないという場合、また審査に落とされてしまう、という場合などは、こうした闇金に手を出してしまう方も少なくありません。
闇金は、とても審査などが甘く、またさらにはスピーディーに融資をしてくれますので、こうした一般の金融機関で借りることのできない人にとっては、とても便利な所なのです。

 

しかし、闇金に一度手を出してしまうと、あとはべらぼうに高い金利を支払うことになってしまいますし、また違法な取り立てなどで、さらに大変な事態になってしまう可能性があります。
闇金に出来る限り手出しをしないというのが一番ですが、中には、闇金と知らずにお金を借りてしまうケースが増えています。

 

まず、闇金と言うのは、電話帳などにも掲載されていることがありますし、さらにはインターネットのホームページにも掲載されていることが少なくありません。
架空の事務所などを載せておき、そしてそこから闇金へとつながってしまうというケースがあるのです。

 

闇金には必ず裏がある

一般的に闇金というのは、そう簡単にばれないようにしているので、普通の消費者金融を装っていることが多いです。
こうした消費者金融と勘違いさせて、利用させたいとしているのが闇金の特徴で、引っ掛かると大きなトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

 

後から金利が大幅に高いことを通知されることもありますし、口頭で金利の説明をされるだけということもあります。
こうしたトラブルを避けるためには、やはり闇金の裏を知っておくことが重要で、出来る限り引っ掛からないように工夫することとなります。

 

特に金利が書かれていない宣伝広告は要注意で、これは闇金である可能性が非常に高いです。
現在行われている消費者金融のサービスは、大半が金利を提示しており、これくらいの数字で借りられるという形を取っています。

 

これを行っていないのは、色々とおかしな部分が多くなっているので、闇金として判断することができるのです。
後からトイチといった金利を口頭で説明して、手渡しでお金を貸していることが多いので、すぐにおかしいと分かります。

 

ただ闇金は付いていった時点で、借りるまで返してくれないこともあります。
闇金の広告に気を付けて、引っかからないように気を付けてください。

 

闇金の危険度は、むしろ返済を迫られない業者です

闇金といえば、どれも危ない事に変わりは無いのですが、その中でも危険度の高い低いがあります。
縁がないのが一番には違いありませんが、危険回避や雑学という意味で覚えておくべきポイントを紹介します。

 

まず、単純に金利が高いだけの闇金業者の場合ですが、こちらは危険度では低い方に入ります。
とりあえずは返済さえ完了すれば縁が切れる事もあります。

 

が、大体は返済終了後も色々絡んでくる事になるでしょう。
そして絶対に関わってはいけないタイプの闇金が、元々貸したお金を返して貰おうとは思っていないタイプの業者です。

 

正確に言えば、最初から借りた人の家族に返済させることを狙っているか、別の事を本人にやらせようとしているのです。
風俗系の仕事を紹介する等ならまだマシな方だと思ってください。

 

借りた人の会社に乗り込み延々と嫌がらせを続け、社会的な居場所を奪ってから、自分達の言いなりにさせようとする業者も存在します。
こうなると最終的には、殆ど弁護士や警察に頼ることになります。

 

携帯キャリアの変更から引越し、職の変更などそれまでの人生が全て変わってしまう事態になりかねないので、絶対に頼ってはいけません。
そして危険度の高低として二つに分けましたが、自分が借りようとしている闇金業者がどちらのタイプなのか判別など付きません。

 

お金で追い詰められた際は、基本的に司法書士や弁護士に相談してください。
そもそも、闇金という選択肢を選んではいけないというのが大前提です。
そんな手段に頼る前に、自分が選べる全ての選択肢を考えて下さいね。

 

借金の返済を行うために考えることについて

借金の支払いを行うには、利用金額の状況や収入の状況を考えてから生活に支障がないように返済方法を選ぶことが大事です。
金額が多ければ期間が長くなる可能性があります。

 

利息の金額が付加されることから返済金額の総額が高くなります。
収入の状況を考えてから利用する金額を決めることが望ましいです。

 

借金の返済方法を選ぶにはシミュレーションなどを参考にしながら決めることが重要です。
楽な方法を選ぶことは金額の総額が高くなることや期間が長くなるために状況を判断することが求められます。

 

他人から借りたお金であることを認識し、責任を持って返済することを考えてから借入を行う必要があります。
一番やってはいけないこととは金銭感覚が麻痺し、利用できるだけ利用することです。

 

借金はギャンブルと同じようなものです。
のめり込んでしまうと金銭感覚が麻痺しお金を借りて好きなことにつぎ込んでしまうことを繰り返してしまいます。

 

このようなことがないようにするには自分自身に責任をもって利用することです。
支払いを正常に行わえかった場合のリスクなどを考えることです。
借金の返済を行うためには、自分自身に責任を持ち正しい方法で返していくことです。